みさかえの園

ACTIVITY REPORTS

のぞみの家では、今年も多目的ホールの一角に「ひな人形」を飾りました。 ひな人形には長い歴史があり、それぞれの言い伝えがあります。しかし、その当時から子の健やかな成長を願う気持ちと人々の無病息災を願う気持ちは、時を経ても変わることなく想いとして受け継がれています。 のぞみの家でも、利用者様の健
町のあちらこちらにクリスマス飾りが装飾されている頃、のぞみの家でもクリスマスに関連する行事が開催されました。今回は、12月に行った園内行事を2つ紹介したいと思います! まず、1つ目は12月15日(水)に行った「クリスマス飾り付け」です。毎年、利用者様と職員との共同作業でクリスマスツリーの飾り付けや
10月23日(土)・24日(日)のぞみの家では「お楽しみショッピング」を開催しました。昨年に引き続き『なかつじ』様に来園していただき、久々のショッピングに利用者様の表情もにこやかでした。 お気に入りの商品を一つ一つ手に取り、じっくり品定めをしている姿に職員もほっこりとした気持ちになりました。
のぞみの家では、9月19日(日)利用者の皆様と職員で敬老の日のお祝いをしました。今年は、1名の利用者様が喜寿(77歳)、4名の利用者様が古希(70歳)を迎えられます。 それぞれに色鮮やかな『ちゃんちゃんこ』を身に纏い、皆様の前でお祝いをしてもらいとても嬉しそうな表情をされていらっしゃいました。
8月4日(水)、のぞみの家では納涼大会を開催しました。利用者様は、浴衣を職員に着付けてもらいお祭り気分です。第一部は盆踊りや金魚すくい、スイカ割りなどのゲームを楽しまれ、出店の雰囲気でたこ焼きやアイス、ケーキなどの人気メニューをたくさん食べられていました。 人気メニューがズラリ‼利用者様にはど
7月30日(金)、のぞみの家では地震想定の避難訓練を実施しました。 利用者の半数以上が車椅子を利用している中で、どのような動線を取れば安全な避難ができるのか職員と利用者様で一つ一つ丁寧に確認しながら訓練を行いました。 通常、火災の避難訓練をすることの多い利用者様も慌てることなく、放送をよく聞いて
日頃からのぞみの家では、様々なシチュエーションを想定し、避難訓練を実施しています。5月31日(月)、晴れ渡った青空の下、利用者様と職員とで避難経路や避難手順の確認をしながら、今の利用者様の身体状態を踏まえた上で訓練を行いました。のぞみの家では、車椅子を使用する利用者様が年々増えており避難の方法も手探
コロナ禍で、利用者様には外出する機会をなかなか提供できず、職員も試行錯誤しながら日々の支援にあたっています。 そのような生活の中で、利用者様が少しでも楽しい気持ちになっていただけるよう、毎年様々な園内行事を企画しています。 今年度に入り、コロナウイルスの影響で開催できない行事もありますが、4月・
現在、全国的に変異型を含めた新型コロナウイルス感染が拡大しています。皆様におかれましても、ご不安な日々を過ごされていることと思います。 面会については、長崎県の注意報が「ステージ2」に引き上げられたことや近隣でも感染者が発生していることから、本日より令和3年5月中を目途に中止させていただいます。
春の暖かさを肌で感じる今日この頃、のぞみの家では花見ドライブを行いました。 今年は、新型コロナウイルスの影響で例年に比べて外出する機会が減っていますが、今後もドライブを定期的に行い、利用者様に少しでも季節の移り変わりを感じていただければと思っています。 園庭のサクラの前で記念撮影! お

ページトップ