みさかえの園

ACTIVITY REPORTS

7月30日(金)、のぞみの家では地震想定の避難訓練を実施しました。 利用者の半数以上が車椅子を利用している中で、どのような動線を取れば安全な避難ができるのか職員と利用者様で一つ一つ丁寧に確認しながら訓練を行いました。 通常、火災の避難訓練をすることの多い利用者様も慌てることなく、放送をよく聞いて
外出などの園外活動が制限されている中、今年度センターでは誕生日会を盛り上げる ことにしました。 誕生日を迎えた利用者様の来所日に合わせて、いろいろな趣向を凝らし、みんなで楽し めるような活動を行っています。 ] 「嵐」が好きな利用者様には、男性陣「嵐」になって、ダンスを披露! 最
地域の方より廃材等を寄付して頂きSDGSに取り組み、色々な物を手作りしています。 時には((手伝うよ))とたくましい女子の力も借りながらわいわいがやがや楽しく作業を行っています。 最新作は、ピンポンゲーム板を作成して活動の中でみんなで楽しんでいます。  私も手伝うわ!       男子会リ
利用者みんなでデイスペースあんの花壇の手入れを行ないました。 季節の花を植えることで季節を感じ、清潔できれいな環境づくりをして快適に過ごせるように。また、その成長をほっこり班はじめ利用者全員でそれぞれにできることを協力して手入れをし、毎日楽しみに観察しています。  水やりが大事なのだ!  
6月に入り、野菜がどんどん育ち始めました。キュウリ、ピーマン、ミニトマトにオクラ。 美味しそうな新鮮野菜を手に取り、みんな笑みがこぼれます。 そして、その日の収穫野菜の持ち帰りを巡って、くじ引きやゲームで一喜一憂! 楽しい収穫シーズンはまだまだ続きます。 「キュウリが大きくなってます!」
新しい単身者用の職員寮が完成し、7月5日に祝別式を行いました。 2階建て14室で、これからみさかえの園で働いてみたい方々にもご利用いただけます。
日頃からのぞみの家では、様々なシチュエーションを想定し、避難訓練を実施しています。5月31日(月)、晴れ渡った青空の下、利用者様と職員とで避難経路や避難手順の確認をしながら、今の利用者様の身体状態を踏まえた上で訓練を行いました。のぞみの家では、車椅子を使用する利用者様が年々増えており避難の方法も手探
6月2日<水> 利用者様と各職場で、防災訓練の一環として非常食の「炊き出し訓練」を行いました。この訓練は、災害時における調理の進め方や、そうした環境下での利用者様の食事摂取のシミュレーションを目的としています。 この日は運よく梅雨の雨に見舞われることはなく、屋外での調理準備から利用者様への食事提供
5月30日<日> 例年、法人内で行われる合同聖母賛美式を、今年はコロナ禍もあって施設内のみで行いました。 遊戯室中央に飾られたマリア様。マリア様の絵の足元には、利用者様が心を込めて折られたバラが捧げられ、参加者全員で聖歌を歌い、献花を模して手製の折り鶴を捲き、ロザリオを唱えながら、感謝と賛美を捧げ

ページトップ