みさかえの園

News

暖かい日と寒い日が交互に続き、だんだんと春が近づいてきました。 まだまだコロナ感染症対策として、利用者さんも職員も日々様々な制限や自粛を続けています。 ご家族の皆さんには、なかなか思うように面会できずにご心配をおかけしております。いつもご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。 そん
毎年お世話になる、なかなかリアルな鬼や、昨年から流行のおしゃれな鬼が準備されました。 ことしは、各病棟で豆まきを行うこととなり「鬼は外!ふくは内!」それぞれの 年男年女に退治され、その後は恒例の記念撮影に協力してくれました。 ピアスを付けたちょいワル鬼     愛嬌たっぷりおかめさんも
新年を向かえ、あっという間に2月になりました。 1月・2月は、新型コロナ感染症の対策として、病棟間の交流を控えて過ごしています。 そんな中、今年も各病棟いろいろと工夫して新年の目標を書きました。 「よい年になりますように!」「今年は○○できますように!」想いを込めて取り組みました。  
長崎県内でコロナの感染者数が急速に増加しているため、個別のリハビリについて、12/28(月)~1/8(金)の期間は、休止させて頂くことになりました。 それ以降の期間につきましては、感染状況を見ながら対応を検討させて頂きます。 ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力の程、よろし
現在、全国各地での新型コロナウイルス感染の拡大しており、皆さまにおかれ ましても、年末年始を迎える時期に、ご不安な日々を過ごされているのではない かと思います。 長崎県内においても、急速に感染拡大しているため、本日12月25日より、 令和3年1月中の面会を中止させていただくことと致します。
いよいよ待ちにまったクリスマスがやってきました。 毎年ボランティアの方が来て下さり、ホールに集まって賑やかな雰囲気の中みんなでお祝いができていました。しかし、今年はコロナの影響でホールに集まれる人数にも限りがあり、みんなで集まることはできません。楽しむ場所は違っても、一緒にいる時と同じように楽しく
今年は新型コロナの影響により、計画されていた外出や帰省、行事、活動など様々なことが中止、縮小され、たくさん我慢をした1年でした。このままで今年を終わりたくない、また来年を元気に笑顔で迎えたいという思いで忘年会を開きました。つばき棟の利用者さん、職員みんなで今年を振り返りながら楽しいひと時を過ごすこと
外の風が冷たく感じ日増しに寒さが身にしみるようになってきました。 日中の日差しが暖かかったら中庭やベランダに出てガーデンライブを楽しんでもらう予定でしたが、あいにくの肌寒さで病棟の廊下をパレードし、皆さんに楽しんでもらいました。 「どこか出かけたい!」の声をたくさん耳にし、私たち職員もどこか
2020年の新年を迎え、インフルエンザと新型コロナの流行の波にみまわれ、3月に予定していた、昨年度の還暦お祝いの席を延期というかたちで見送らせてもらっていました。 還暦祝いは“満年齢60歳を迎えたことをお祝いする”という元々は長寿を祝う行事です。 小さい時に、医師から長くは生きられないと宣告され
10月末、おおぞら棟企画「音楽と共にぶらり旅」が行われました。 とても良い天気に恵まれ、旅日和となりました。 いざしゅっぱーつ!! たくさん写真をとったり、おしゃべりしたり、きれいなお花を摘んだり・・・ 利用者さん達もずっと笑顔で過ごされていました。   そして、職員か

ページトップ